メガネ作りに必要となる費用

レンズにかかる費用は?

メガネを作る時、どれくらいの費用が掛かるか心配している方もいるでしょう。まずはメガネを作るために視力をはかる必要があります。その結果によって、レンズの度数が決まります。度数が高いものになるとレンズが厚くなるため、それが気になる場合には薄いタイプのものを選んだりしなければいけません。その分費用がかかるため、大体の予算を決めておくと選びやすくなります。また、メガネにどんな機能を求めるかによってもまた値段が変わります。例えば、外に出かける頻度が高く紫外線が気になるという場合には、紫外線をカットしてくれる機能があるレンズを取り入れたりするのもいいですよね。予算と機能を考えながら、自分の目に合ったものを選びましょう。

フレームにかかる費用は?

メガネを作る時は、レンズだけではなくフレームにも費用がかかります。特にこだわりがなければリーズナブルな値段の物から選ぶのもいいかもしれません。しかし、自分の顔に合ったものを選びたいという場合には、フレームの大きさやデザイン、色など様々なことを比較しながら決めていくことが大切です。メガネをかけ続ける時の負担を軽減したいという方は、重量が軽いフレームを選ぶのもいいでしょう。軽いフレームや、オシャレなデザインのフレームなどはその分費用も高くなっていることが多いです。可能であれば直接メガネ屋さんへ行ってフレームをかけてみるとイメージが掴みやすくなります。店員さんに予算を伝えて、フレーム選びのアドバイスをもらうのもおすすめです。

めがねのレンズを曇りにくくするマスク選びのポイントはワンサイズ小さい物を選びます。マスクをつけたら耳の後ろから紐を引っ張り、マスクの上部をきつくして顎下に空間を持たせるとメガネが曇りにくくなります。